新着情報

ついに!コラボレーション始動

もちろん、青果として梨を食べてもらうのが自然ですね。
しかし、せっかくおいしい梨なので更なる梨の活用法を探るべく、収穫日最後の梨の一部をとあるところにパスしておいたのです。

どこへ梨がパスされたかのかというと!
地元、瑞穂市で本格的なドイツパンを焼いている『Blau ブラウ』さんです。平二梨園共に瑞穂市ということでこれが正に、『地産地消』であります。

ブラウさんで今回『梨』を使ったパン、第一弾それは!
その名も『和梨のケーゼクーヘン』
梨をコンポートし、レアチーズをトッピングした一品です。
さわやかなチーズの香りと、和梨らしい食感が季節感を味わえるパンとして完成しました。

本日より販売スタートしたそうですが、お昼過ぎには早くも完売してしまったそうです。数量限定だそうです。販売できるのも期間限定ということで、気になる方は早目にゲットしましょう。この先一週間ほど(9月18日前後まで)販売できるそうですよ。

Backhaus Blau(バックハウス ブラウ)さんは瑞穂市本田にあります。梨のコンポートパンをはじめ「お菓子パン」や「総菜パン」などオーナーでパン職人の青木さんが選りすぐりのパンを焼いておられます。何といってもブラオさんの看板商品は『ドイツパン』。本場ドイツでの経験を生かしたドイツパンはどれも本物です。生粋のドイツ人だって納得するほど!

さあ、ブラオさんと平二梨園コラボ企画。どうやら第二弾があるようです。楽しみですね。
ブラオさんではホームページやSNSでの情報発信をされていらっしゃいます。
お店の情報をリンクでお知らせします。

https://backhausblau.jimdofree.com

ブラウさんの店内はドイツ雑貨でディスプレイされいます