精度向上!?今出来ること

新着情報

良い梨を出来る限り皆様にお届けしたい

真夏の太陽はどこへ行ってしまったのでしょう。
ご挨拶代わりの話題は「天気」の事ばかりですね。

曇りや雨の影響は、梨の美味しさや色味、後発の「豊水」梨の成長にもおよぶ可能性が有ります。

実はその影響ってそれだけでは済まなったのです。
収穫した梨は畑から一旦作業場へ運び、「選果」という作業を行います。
傷や形、サイズなど一個一個丁寧に確認して仕分けを行っています。
曇りや雨だと太陽の自然光が乏しく、蛍光灯の明かりを足して作業を行っていました。
しかし、それも十分でない事が判明。
ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます。

なので、早速緊急の対策を講じました。

対策1:「LED蛍光管」。
ネット購入したものの出番が無かった40WLED蛍光管を箱から取り出し天井からぶら下げます。

対策2:「LEDスポットライト2個増設」
庭でBBQを想定、ネットで購入した40WLEDライトを2個、天井からぶら下げます。



今出来る対策。
それは手元を明るくして、「選果」の精度を上げること。



なんだか照明機器が下がっている様相は、
まるで「フォトスタジオ」のような感じになりましたが、
実際、この環境下で選果してみると梨の表面が「クッキリ」「ハッキリ」。
突貫対策ですが、極力これでより細部まで見分けられないだろうか。

この対策が全てではないでしょうが、
自然環境下で一年かけて育った「梨たち」。
個体差があるので、そこはお許しを下さいませ。

「より良い梨を皆様に届けたい」。

最先端技術を駆使することは出来ませんが、
今、私達が出来ることを品質向上に繋げてまいります。

幸水、収穫最終日

今シーズン、例年より早い収穫スタートになった「幸水」梨。
いよいよ本日8月19日最終収穫日となりました。

幸い、昨年のような害虫被害の影響少なく多くの皆様にご提供できたと思います。
ご購入いただいた皆様、お礼申し上げます。

最終だから?記録更新!
「デカ梨」アラワル。



なんと、800g越え。5キロの箱でいうとサイズはなんと「7」。
一般的に「10」とか「12」が大きい部類ですからその大きさは飛び抜けた存在です。
残念なのは、そのサイズが一個しかないこと。数が揃わないから出荷出来ません。


(デカ梨に対して一般的大きいサイズ「12」との比較)


デカ梨も含め、
「幸水」、人気あるなあ~。
率直な感想です。

確かに食感、みずみずしさ、甘さ、バランスよいですね。
しかも、老若男女に絶大なファンを持ってます。羨ましい存在。
人気者は来シーズンまでのお楽しみにとっておきましょう。


さて、「幸水」のお次は「豊水」。
近年、収穫量が少しづつ減ってる為、貴重な品種になりつつあります。
この品種には昔から根強いコアファンが多く、
大抵の「豊水ファン」はごっそり「箱買い」をします。

そんなツウ好みの「豊水」。
来週8月23日(月)以降、本格的な収穫シーズン突入です。