新着情報

梨サングリアをどうぞ

岐阜地方の夏はとにかく暑い。今シーズンも酷暑日が連日続いております。
こんな暑い暑い毎日にサッパリと爽やかに頂けるお酒があるそうですよ。
毎シーズン梨を買っていただいているお客様より教えていただきました。
もちろん、お酒ですから20歳以上の皆様限定です。

『サングリア』。スペイン地方発祥のお酒(参照:エノテカ)で赤や白ワインにフルーツやスパイスを加えて、楽しめるフレーバーワイン。
そんな『サングリア』に平二梨園の梨を使って仕込んでみよう!!って事です。

今回、使用する梨は『幸水』。今シーズンは”カメムシ”被害が深刻で、せっかく大きく育った梨も「ボコボコ」。カメムシに刺されまくっています。
そんな今シーズンに限って、結構な糖度!!
無傷であればと思っても遅し。残念でなりませんね。

ただ容姿は悪くとも、梨は梨。一個一個、剥けば食べられます。
今シーズンの「幸水」は甘さ良し!食感良し!。

サングリア作りに使った容器は、「梅酒用ガラス容器」。
フタも器もキレイに洗って、更に熱湯消毒。剥いた梨をゴロゴロ容器へ投入。
ちなみに今回使う梨はミドルサイズ梨を3~4個。

ワインは、白ワインです。梨の甘さを期待して「ちょっと辛目」をチョイス。
ワインはテーブルワイン。700円程度ですよ。
そのまま飲みたいけど、ここは我慢、我慢。
一本そのまま「ドボドボ」マルっと梨をヒタヒタにさせます。

インターネットでは様々なフルーツやスパイスをブレンドするようですが、今回は、たまたまキッチンにあったスパイスだけで漬けてみましょう。
・クローブ
・シナモンスティック   以上。
欲言えばフレッシュレモンや、ミントあたりをバランス良く入れてもよい感じだったのかな。

漬けこみアッという間。たったの一日。
出来たのか、さて、まだまだなのか全く伺い知れませんが。
とりあえずの一日の熟成。

一日熟成の『梨サングリア』完成です!!
さて、そのお味は。。。
けっこうサッパリ。そしてフルーティ。
スパイスも程よく効いていてグイグイいける感じに仕上がっていましたよ。
もちろん白ワインとスパイスがそれぞれしみ込んだ梨も飲みながら頂きます。

残りの『梨サングリア』。その二日目の翌日にいただきましたが、ピークを過ぎた感じでした。結果、漬けて一日目がベスト熟成だったのかもしれませんね。

皆さんも食べきれなかった『梨』。好みのワインと併せて『漬け飲み』してみるのも良いのではないでしょうか。どうぞお試しあれ。